代表紹介

タロウモータース代表・谷津タロウ

経歴

●1975年・埼玉県春日部市牛島生まれ
●小学生になった頃、父親の原付で自宅庭を走り運転を覚える
●昭和から平成になった直後、地元のバイク仲間と「レーシングチーム・あまのじゃく」設立
●16歳でCBR400Fに走り始め、17歳になりTZR250R(3MA)で本格的に走り屋デビュー
●毎週土曜日になると各地の走り屋スポットへ行くようになる
●2007年・SNS仲間と筑波サーキットデビュー、同時に「レーシングチーム・アマノジャク」に表記変更
●T.O.T(FゼロEX)・もて耐などに参戦
●2012年11月よりハーキュリーズ+モンスタークラス・Wエントリーをはじめる
●ダンロップよりサポートライダーとなり現在絶賛ダンロップ推し中デス(2018年~)
●2018年筑波RR選手権フル参戦・NinjaH2とキャブ化仕様のZ1000を駆りシリーズチャンピオン獲得
●MFJロードレース国際ライセンス昇格となる